東北大学
学際科学フロンティア研究所

新領域創成研究部

阿部 博弥Hiroya Abe

助教デバイス・テクノロジー

メンター教員
准教授
藪 浩(材料科学高等研究所)
研究分野 バイオセンサー、材料科学
主な研究テーマ
  • 多細胞集団における神経伝達物質放出挙動の評価・解析に向けた電気化学イメージングデバイス
  • 白金代替燃料電池触媒電極の創出
  • 3次元細胞足場材料
  • 機能性高分子材料、生体模倣材料
所属学会 電気化学会、分析化学会、高分子学会、応用物理学会、化学とマイクロ・ナノシステム学会、Material Research Society, USA
研究概要  

生体組織から放出される神経伝達物質や代謝物質等を定量的に評価できる電気化学デバイスの開発を行なっています。特に多数の電極が基板上に配列した電気化学イメージングデバイスの研究開発を行なっています。これまでに、材料・細胞活性評価(特に神経伝達物質)を評価してきました。現在は様々なバイオサンプルの高感度・選択的測定に向けて研究を進めています。

他、水素社会、CO2問題などの様々なエネルギー問題解決に貢献可能な高活性電極触媒の設計、合成、評価を行っています。例えば、生物から着想を得た高活性な酸素還元触媒電極の開発に成功しています。

高分子化学や材料科学、生物工学等の知識を活かし、3次元細胞足場材料や様々な高機能材料(接着、力学応答、温度応答材料等)の設計開発や基礎物理現象の解明に挑戦しています。

関連記事一覧

    PAGE TOP