東北大学
学際科学フロンティア研究所

新領域創成研究部

阿里木 托和提Alimu Tuoheti

助教人間・社会

メンター教員
教授
黒田 卓(大学院国際文化研究科)
研究分野 東洋哲学と宗教
主な研究テーマ
  • アジア文化圏におけるイスラームと儒学
所属学会 日本宗教学会、日本思想史学会、東北中国学会、中国ムスリム研究会
研究概要  

筆者の関心は、アジア文化圏におけるイスラームと儒学思想間の関係及び比較的研究にある。特に、イスラーム「回儒学」と江戸時代の「古学」とにおける「理学」の受容・批判・変容を検討しその思想的特徴の把握に興味を持っている。本研究の独創的な点は、現在まで日中両学界でほとんど注目されてこなかった「回儒」の思想的定位を探索し、丹念に分析を加えるにある。つまり、申請者の研究視座は、アジア文化圏に於ける儒学間の相互関係に留まらず、イスラーム思想・文化の東アジア文化圏での展開にも及ぶユニークなものであり、またそれが単に二次資料に基づく表層的なものではなく、それぞれの思想潮流を代表する学者や思想家の著述の分析を通して実証的に裏づけされる厳密な研究手法をとる点でも意義深い研究であると考える。

現実的角度から、様々な文明圏との対話・理解の促進に努める上で、イスラームの対話・理解の重要性に留意している。東アジアの日本・中国等国におけるイスラームへの理解の深化とともにイスラーム諸国における日本・中国への理解促進をも図り、イスラーム文明圏との対話の裾野を広げるよう努めていきたい。複数の異なる文化がどのような形でよりよく共生し、また新たな文化を生み出すことができるのかという点にあり、さらにその研究は、日本と中国関係の研究に及んでいる。こうした問題意識は、イスラーム諸国と東アジアとの間に建設的な対話や相互理解につながるものと確信するものである。

関連記事一覧

    PAGE TOP