東北大学
学際科学フロンティア研究所

新領域創成研究部

在職期間:2013.4-2016.9

佐藤 達也Tatsuya Sato

助教生命・環境

メンター教員(当時)
教授
大隅 典子(大学院医学系研究科)
研究分野 分子神経発生学
主な研究テーマ
  • 脳の発生・発達
所属学会 日本神経科学会、日本分子生物学会、日本発生生物学会、Society for Neuroscience
研究概要  

非常に複雑な形態をしている脊椎動物の脳がどのよう形成されるのかという問題は、研究者を含めた多くの人々の関心を惹き付けてきました。脳の複雑な形態・神経回路は、ヒトを含めた動物の行動や精神的活動を支えていると言えるでしょう。他の臓器と同様に、脳もたった一個の細胞である受精卵から分化しますが、その発生の様相はドラスティックであり非常に驚かせられます。脳はどのように発生・発達するのでしょうか?

私達は、主に分子生物学的手法を用いて、脳および神経細胞の形態形成メカニズムについて明らかにすることを目指しています。遺伝子改変マウスの作成とその解析、電気穿孔法によるマウス胎仔への遺伝子導入を主に行っています。最近、私達は、電気穿孔法と薬剤ドキシサイクリンによる遺伝子発現誘導系を組み合わせて、マウスにおいて任意の時期に遺伝子発現を制御することに成功しました(図1)。この新しい手法を用いて、脳の発生に関する様々な問題にアプローチしていきたいと思います。また、私達は大脳皮質の前頭前野に興味を持ち、この領域の発生・発達メカニズムを明らかにしていきたいと考えています。前頭前野は、ヒトで最も発達しており、思考や創造性を担う脳の最高中枢であると考えられています。この脳領域の発生・発達・進化を理解することにより、「知性の源泉」を明らかにし、精神疾患に対する治療法の開発へつなげていきたいと考えています。

関連記事一覧

    PAGE TOP