東北大学
学際科学フロンティア研究所

新領域創成研究部

鈴木 大輔Daisuke Suzuki

助教情報・システム

メンター教員
教授
羽生 貴弘(電気通信研究所)
研究分野 集積回路工学、計算機科学、情報科学
主な研究テーマ
  • 不揮発ベース動的再構成可能ロジックに基づく超低消費電力人間的情報処理プロセッサとその応用
所属学会 IEEE、電子情報通信学会、情報処理学会
研究概要  

情報処理プロセッサは社会の基盤を支える重要な存在でありますが、半導体技術の成熟とともにその性能および消費電力は限界に達しつつあります。このような限界を突破するため、本研究では人間の脳のように柔軟な情報処理を行うプロセッサ実現を目指しております。そのアプローチとして、不揮発性ベース動的再構成可能ロジックに着目します。不揮発性デバイスは電源供給無しで情報を保持可能であるため、稼働していない部分の電源を遮断することで無駄な待機電力を削減できます。また、不揮発性デバイスの構造ならびに電気的特性に着目することで、回路のコンパクト化・高性能化が可能となります。さらに,不揮発性デバイスがトランジスタ上に積層可能であることから、複数の回路情報を電力および面積オーバヘッドゼロで保持することが可能となり、その切換えによって動的再構成機能が実現可能となります。このような不揮発ベース動的再構成可能ロジックに基づく人間的情報処理プロセッサを活用し、社会システムや医療など、幅広い分野への応用展開を目指しております。

関連記事一覧

    PAGE TOP