東北大学
学際科学フロンティア研究所

学際研究支援プログラム

学際研究支援プログラム(Support Program for Interdisciplinary Research)

学内の複数の部局の研究者が提案する課題を3年の期間で実施する学内公募プログラムです。採択されると、所内の施設利用の他、客員教員や講演会の開催、若手研究者の海外派遣などへの援助の申請も可能となります。研究代表者および共同研究者は、必要に応じて一定期間FRISに常駐し、発想の転換、異分野手法の導入、研究者間の交流を図ることにより、新規的、先駆的、学際的研究を展開していただきます。このプログラムは、FRIS専任教員や他の研究者と分野を超えた活発な交流、討論、相互協力を行う中で、学内にシーズをもつ研究課題を推進する点に主眼が置かれています。

2017-2019年度実施

代表者名 所属・職名 採択課題名
山本 雅哉 工学研究科
教授
ハイパーサーミアに基づく新規がん治療効果に対する定量的理解のための学際的研究
加藤 秀実 金属材料研究所
教授
医工分野横断研究によるX線位相イメージング医療診断画像の高コントラスト化

2016-2018年度実施

代表者名 所属・職名 採択課題名
掛川 武 理学研究科
教授
アミノ酸から細胞分裂まで:東北大の強みを生かした生命起源研究の新展開
谷口 耕治 金属材料研究所
准教授
イオニクスデバイスを用いた電気的磁気物性制御
梅津 理恵 金属材料研究所
准教授
機能性材料のドメイン構造解析と電歪特性制御

2015-2017年度実施

代表者名 所属・職名 採択課題名
黒澤 俊介 金属材料研究所
助教
次世代高エネルギー物理学を担う新規結晶の開発
PAGE TOP