東北大学
学際科学フロンティア研究所

FRISにおけるメンター受け入れ可能教員一覧

応募時に東北大学専任の教授または准教授をメンターとして申請することが必須となっております。
学際研でメンターとして受け入れ可能な教員の研究分野と連絡先は以下の通りです。

領域 |  物質材料・エネルギー

増本 博 教授
Hiroshi Masumoto

研究分野

無機材料物性学、薄膜プロセス工学、生体適合材料学、協調機能デバイス工学
メッセージMMMMMMMMMM
金属とセラミックスは、ナノサイズで複合化すると従来に無い機能物性を発現します。当研究室では『トン ネ ル磁気-誘電(TMD)効果』や『トンネル磁気-光学(TMO)効果』などの新機能物性を見いだしました。磁性物理学、医工学、材料工学等の学際融合研究によって「ナノ複相構造薄膜による新機能材料の創製」という新領域の開拓を行っています。
テーマ:複合構造制御によるトンネル磁気-誘電(TMD)効果材料に関する研究/複合構造制御によるトンネル磁気-光学(TMO)効果材料に関する研究/金属-セラミックス系ナノ複相構造薄膜の機能物性に関する研究/金属チタンのプラズマ酸化による骨伝導性インプラント材料の開発
連絡先
hiromasu[at]fris.tohoku.ac.jp ( [at] を @ に変えてください)

領域 |  情報・システム

島津 武仁 教授
Takehito Shimatsu

研究分野

磁性薄膜、室温接合技術、薄膜プロセス工学、電子デバイス工学
メッセージMMMMMMMMMM
金属ナノ薄膜の原子再配列現象を利用して、同種あるいは異種のウエハや基材を室温で接合する原子拡散接合法を提案し、それを用いた新しいデバイス形成に関する研究を展開しています。また、その基礎となった薄膜形成技術を用いて、超高密度磁気ハードディスク等に応用する磁性薄膜の研究も行っています。
テーマ:室温接合技術(原子拡散接合法)とそれを用いたデバイス形成に関する研究 /大きな磁気異方性を有する磁性薄膜の形成と超高密度ストレージへの応用研究
連絡先
shimatsu[at]fris.tohoku.ac.jp ( [at] を @ に変えてください)

領域 |  先端基礎科学

津田 健治 教授
Kenji Tsuda

研究分野

電子線結晶学、収束電子回折、ナノ局所構造物性、構造相転移
メッセージMMMMMMMMMM
結晶の「平均構造」では記述できない「局所構造」を起源とする新奇物性が注目されていますが、従来の方法ではこのような局所構造の解析は困難でした。われわれは、ナノ電子プローブを用いた電子回折法に、機械学習などの情報科学を融合して、新たな3次元ナノ局所結晶構造解析法の開発に取り開発に取り組んでいます。
テーマ:収束電子回折(CBED)法による 3D ナノ局所結晶構造・静電ポテンシャル分布解析法の開発/機械学習による電子線多重散乱過程の解析/電子チャンネリングを用いた原子サイト選択局所構造解析/強誘電体・合金等における構造相転移の局所構造解析と微視的相転移機構
連絡先
k_tsuda[at]fris.tohoku.ac.jp ( [at] を @ に変えてください)

領域 |  先端基礎科学

才田 淳治 教授
Junji Saida

研究分野

非平衡材料学、金属相変態、材料組織学、粉末冶金学
メッセージMMMMMMMMMM
アモルファス、ガラス合金といった金属系ランダム原子配列材料は、人類が長い間用いてきた結晶構造材料にはない優れた特性を発現します。当研究室では数学・基礎物理学・材料工学等の異分野融合による「ランダム原子配列構造の評価と制御」という新しい材料学を構築することを目指しています。
テーマ:ランダム構造金属材料の不規則性制御に関する研究 /ガラス構造合金の変形機構に関する研究/金属過冷却液体の安定化機構に関する研究/ナノ構造物質の創製と物性評価に関する研究
連絡先
jsaida[at]fris.tohoku.ac.jp ( [at] を @ に変えてください)

領域 |  物質材料・エネルギー

伊藤 隆 准教授
Takashi Itoh

研究分野

電気化学、ラマン分光学、 燃料電池、表面科学
メッセージMMMMMMMMMM
現在のリチウム2次電池を凌駕する革新型蓄電池の研究開発を行っています。この研究開発はナショナルプロジェクトの一環として国内外から期待されており、より良い社 会に根ざした研究を展開しています。
テーマ:革新型蓄電池の研究開発/ポストリチウム電池の研究開発/電気化学エネルギー変換デバイスの高性能化と長寿命化/ラマン分光法による電極反応の研究開発
連絡先
itoh[at]fris.tohoku.ac.jp ( [at] を @ に変えてください)

領域 |  生命・環境

丹羽 伸介 准教授
Shinsuke Niwa

研究分野

細胞生物学、神経科学
メッセージMMMMMMMMMM
ナノメートルオーダーの分子の世界の力学が細胞の形を司り、その異常がヒトの疾患の原因となっていることに関心を持っています。小さな研究グループですが、世界を驚かせるような研究成果を目指しています。
テーマ:軸索輸送における微小管と分子モータータンパク質の機能解析/線虫の分子遺伝学を用いた新規の神経細胞の形態形成遺伝子の同定/ゲノム編集による神経疾患モデル線虫の解析
連絡先
shinsuke.niwa.c8[at]tohoku.ac.jp ( [at] を @ に変えてください)

領域 |  先端基礎科学

當真 賢二 准教授
Kenji Toma

研究分野

天文学・宇宙物理学
メッセージMMMMMMMMMM
大きな報道発表になった『ブラックホール撮影』の国際チームの一員でもあります。FRISの若手研究者と共同で生命科学や工学の研究、また様々な分 野 の 学 問を扱うオムニバス書籍の執筆なども行なっています。常に異分野の研究者から刺激を受ける日々です。
テーマ:宇宙物理学の理論研究/特にブラックホールが関係する極限的現象の研究/共同研究として行う天文観測・数値シミュレーション
連絡先
toma[at]fris.tohoku.ac.jp ( [at] を @ に変えてください)
PAGE TOP